Tutorial / Electronic Circuit Basics

電圧~電流~抵抗

よく、電気の流れは水の流れに例えられます。厳密にいえばさまざまな違いはありますが、その性質を大まかにとらえるには、水の流れに例えて理解するのは有効な方法です。

電圧

電圧は2点間の高度(電位)の違いを表す用語です。水は高度の高いところから低いところに向けて流れますが、電気も電位の高いところから低いところに向けて流れます。

水の場合には、それぞれの地点の高さを比較するのに、海抜などを基準として用います。電気の場合には、グランド(GND)を基準として比較します。電子回路ではよく「グランドを接続する」ということが行われます。これは、基準であるグランドを共通にしないと、回路の部分ごとの電圧の基準が共通にならず、意図した通りに電気が流れてくれないためです。

電圧の単位はボルト(V)です。数字が大きければ大きいほど、電圧が高いことを示します。

電流

電流は、水の流れが水流であるのと同じように電気の流れです。電流は、電圧の高いところから低いところに向けて流れます。水流も多い場合少ない場合がありますが、電流も多い場合や少ない場合があります。

電流の単位はアンペア(A)です。数字が大きければ大きいほど、多くの電気が流れることを意味します。

抵抗

水の場合にも、何も障害物がない場合と、くねくね曲がって流れにくくしている場合では、水の流れにくさが異なります。同様に、電気の場合にも電流が流れやすい場合と流れにくい場合があります。この電流の流れにくさを表すのが抵抗です。

抵抗の単位はオーム(Ω)です。数字が大きければ大きいほど、電流が流れにくいことを示します。

よく出てくる補助単位

電圧、電流、抵抗の単位はそれぞれボルト、アンペア、オームですが、実際にはこれに接頭辞がついた補助単位が用いられる場合が多くあります。以下は、このチュートリアルで登場する補助単位の例です。

  • 1,000倍を表す単位がキロ(例:10kΩ)
  • 1,000,000倍を表す単位がメガ(例:1MΩ)
  • 1/1,000を表す単位がミリ(例:10mA)
prev 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 next
Print